保険ビジネス知識を備え、グローバルに通用するITプロフェッショナル集団であり続けます。

当社は「世界トップ水準の保険・金融グループ」の創造に向けて邁進する「MS&ADインシュアランス グループ」の一員として、グループ価値の最大化と持続的な保険ビジネスの成長を支える情報システム戦略を担っています。

昨今、ビッグデータやIoT(Internet of Things)、AI(人工知能)、金融とITを融合したFinTech、RPA(Robotic Process Automation)など、情報システムを取り巻く環境は急速に変化しており、デジタル化社会に向けて新しいサービスや業種を超えた実証実験が開始されています。また、MS&ADグループ各社においても、保険商品、顧客サービス、事務処理などにデジタル技術を活用し、保険ビジネスの変革を重要な課題として取り組んでいます。

このような状況を踏まえ、当社は「システム開発力の強化」「高度専門人財の育成」により、グループ各社の情報システム戦略の実現に貢献していきます。また、社員一人ひとりが生産性高く、ワクワク&イキイキと働く「スマートワーク」にも取り組み、金融ユーザー系IT企業の中でトップ水準の実力を持つ会社を目指します。

これからも当社の強みを最大限発揮し、目指す姿の実現に向けて、全社員が誇りと自信を持ち成長してまいります。

代表取締役社長 山内 憲二

プロフィール

1980年住友海上火災保険(現三井住友海上火災保険)入社。入社以来、主にシステム部門で企画・開発・運用の各領域を経験。同社執行役員を経て2013年4月より現職。好きな言葉は「破天荒」。小さなことでも、常に改善・改革。自ら発案、自ら行動し、誰もやらなかったことをやる意識を持つ。